買取リスト

本買取

投稿日:

本買取サービスはいらなくなった書籍を現金化する便利な断捨離である

今回は処分したい本をただ資源ゴミとして出すのではなく、本買取サービスで買い取ってもらうという方法、そしてメリットや注意点についてご紹介していきます。

本買取サービスを利用していらなくなった本は処分してお金にできる

どんな方でも色んな本を読んだかと思われますが、本と言ってもマンガや絵本のような娯楽を目的とした本、勉強のための辞書や参考書、小説やライトノベルなどの本を読む方も多いでしょう。

本を読むと得られる事として、文章を読むことで国語力や語彙力がアップ、想像力が高まるといったメリットがありますので、お子さんがいるご家庭であれば何とか本を読ませたいと考えている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、本は時間と共に読まなくなってきたり、大掃除などで不要な本が沢山出てくる、引っ越しを予定していていらない本を捨てたい、などの理由からやはり処分を考える方も多いのでしょう。

ここで気になるのが本の処分方法は何があるか?と言えば、単純に資源ゴミの日に出す、本に寄りますが図書館へ寄贈する、チリ紙交換に出すといった方法もあるでしょう。

今回はその中でも本買取サービスで本を処分しつつ、さらにお金にもできる方法についてご紹介すると同時に、メリットや注意点についても解説していきますので、不要な本に悩んでいる方は必見です。

本買取サービスを利用する事で色んなメリットが存在するので売ったほうが良い

本は不要になってしまう数が多かったりすると、重さなどもあって処分するのも大変であり、その上コストまでかかるような方法で処分するのはやりたくはありません。

そこで、本買取サービスを利用することで以下のようなメリットがありますので、もしも不要な本をお金に換えるならば本の買取しか方法は無いでしょう。

不要な本を引き取ってお金にしてくれるのは本買取サービスだけ

本買取サービスの最大のメリットといえるのがこの不要な本がお金に換わるということであり、他の本処分方法では決してできないことでもあります。

例として資源ごみに出す、古紙回収だと処分こそできてもお金にはならず、さらに資源ごみの回収日や古紙回収業者がタイミングよく合う保証もありません。

また、図書館への寄贈もお礼が貰えるわけではなく、もう一つのお金にする方法であるフリーマーケットアプリやネットオークションへの出品だと中々売れなかったりする事が考えられます。

本買取サービスでなければ、いらなくなって処分したい本をお金にする事はできませんので、お金にしたいならば本を売却できる買取店に持って行きましょう。

宅配で本買取サービスへ送ることもできるようになっている

本買取サービスに本を持っていくことで、その場で現金にしてもらうこともできますが、本が多い場合は重くて持って行くだけでも大変であり、車も場合によっては必須となってしまいます。

ですが、最近では宅配便で本を送って査定してもらえるようにもなりましたので、本買取サービスの店舗へ数が多くて重い本を持っていく手間などもなくなりました。

また、本買取サービスによってはダンボール箱を無料で貰える、集荷業者も買取側が無料で手配してくれるなどのサービスもあるので、利用しやすくもなっています。

ただし、どうしても宅配だと査定が完了して連絡が来るまでの時間、査定結果に問題が無く買取になっても振込みまで時間がかかるため、店舗買取よりも現金を手にするまでのタイムラグがあります。

本買取サービスにおいて初めて利用するならば知っておきたい注意点

本買取サービスは本の処分において唯一の現金にすることができる方法ですが、一方で「こんなはずじゃ…」となるようなデメリットなどもあります。

特に本買取サービスを利用する場合に気をつけたい注意点としては以下のような物があるので、少しでも損をしないようにするためにはデメリットについても知っておきましょう。

本買取サービスの買取価格は安い事が多い?

よく本買取サービスにおいて「マンガ本を何十冊も売り払ったけど、数百円にしかならなかった」という声を聞くこともあるでしょう。

確かに、本買取サービスは基本的に色んな本を買取できますが、金額的に買った時以上になる事はほぼなく、本の劣化具合などもあるので安くなりがちです。

しかし、それでも「処分したかったのでお金になるだけマシ」と考えるならば、この部分はあまりデメリットに感じる事も無いでしょう。

本の状態が悪いと買取拒否されてしまうのでお金にならない

本買取サービスにおける買取条件として「本の状態」は非常に重要となりますので、状態が悪いと高確率で「買取できません」と言われてしまいます。

買い取る側からしても本が汚れている、油性ペンなどで消せないラクガキがある、本が酷く損傷している、ページで抜け落ちがある本だと売り物になりません。

そのため、もしもかなり状態が悪い本があった場合、買取拒否の可能性を考えると資源ゴミや古紙回収に出すという選択肢を始めからしたほうが良いかもしれません。

以上から、本を処分するついでに少しでもお金にしたい、と考えるならば利用すべきは本買取サービスであり、宅配対応もしているので非常に便利となってきているのでオススメです。

-買取リスト

Copyright© なんでも買取するする! , 2018 All Rights Reserved.