コラム

不用品は処分方法を組み合わせることで費用を安く抑えることも可能

投稿日:

不用品の種類と処分方法の賢い工夫で順調な整理が可能

不用品とは、自宅でいらなくなった様々な品を差す場合が多く、家具、家電、衣服、バック、貴金属、時計など幅広いものがあります。

不用品は処分方法を組み合わせることで費用を安く抑えることも可能

必要ないものを自宅に置いてもスペースを取るだけであり、早く片付けたい場合があるでしょう。

不用品の処分には基本的に費用がかかりますが、工夫すればその料金を抑えることもでき、品によっては買取が実現する場合も考えられます。

上手な不用品の処分方法を知っておくと、部屋が片付くだけではなく、予想外の臨時収入を得る可能性もあり効率的です。

不用品を片付けるために意識しておきたい効率的な方法

不用品は、地域の燃えないゴミに出せる場合は無料で処分することができます。

しかし一定以上の大きさがあるものや、不用品の種類によっては、燃えないゴミに出せないケースがあります。

各自治体によって取り決めがあるため、確認しておくといいでしょう。

燃えないゴミに出せない場合は、自治体に回収依頼する必要がありますが、この場合は料金が必要です。

また、ゴミ置き場まで不用品を自分で運ばなければいけない労力がかかります。

単身や高齢者、体力に自信のない人にとっては、不用品の種類によって運び出すのが大変なケースがあります。

不用品の数が多くなれば、さらに困難は増すでしょう。

特に引っ越しなど、一気に多くの不用品を処分するような場合は、回収までに時間がかかる自治体の回収は不向きな場合があります。

また、処分をしてしまえば、買取金額のつく可能性のある品まで捨ててしまうことになります。

普通に捨てるものと買取可能なものに分け、それぞれに適した方法で処分することが効率的です。

不用品回収業者の利用は素早く不用品を処分したい人に向く

不用品の処分は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。

この方法を利用すれば素早く不用品を片付けることが可能になり、労力も必要ないため便利です。

一方で、自治体の回収よりも料金が高くなるのが一般的です。

依頼の方法は簡単で、ネットや電話から回収の申し込みをすれば、指定日時に業者のスタッフが回収に訪れます。

早くて依頼当日に駆けつけてくれる場合もあります。

基本的には全ての品が回収可能で、多くの不用品を一度に回収し、運び出しも全て行ってくれます。

利用者は、運び出しがすべて終了した後に料金を支払います。

料金体系は業者によって違うため、事前に確認して見積もりを取っておくことが大切です。

不用品回収業者といえば、単に不用品を処分するだけと思われがちですが、実際はそれと同時に様々なサービスを用意している業者が多いです。

遺品整理、部屋の掃除、不用品の買取など、利用者のニーズに沿ったサービスを展開しています。

不用品処分のポイントは自分の状況に合った方法を選ぶこと

置かれた状況によって、不用品処分方法の選択も違ってきます。

時間的に余裕がある場合は、自治体の処分を何度か利用して少しずつ片付けるという方法もあります。

同時に、価値のありそうなものはリサイクルショップなどで査定依頼をしてみるといいでしょう。

急に片付けたい場合は、不用品回収業者に依頼することが効率的です。

但し、不用品回収業者によって料金体系や用意しているサービスが異なる点もあるため、より費用を抑えるなら何社かに見積もり依頼をして、最も条件のいい業者を選択することがベストです。

中には正式な認可を得ていないような業者も存在し、いざ利用してみると高い金額を請求されるようなケースもあるため、事前に信頼性を確認することが大切です。

リサイクルショップなどを利用せずに不用品を処分する場合でも、買取対応もしている不用品回収業者であれば、同時に買取も可能です。

また、フリーマーケットなどを利用して不用品を売る方法もあります。

この場合は売却までの時間が必要で、商品発送を自分で行う手間もあり、すぐに処分したい人にとっては不向きです。

専門店やリサイクルショップで不用品に値がつく可能性もある

不用品に買取価格がつくかどうかは、個人ではなかなか判断できないものです。

そこで、買取専門業者に査定依頼することでその判断が可能になります。

値がつけばそのまま買い取ってもらうこともでき、価格に納得できなければ売却を見合わせることもできます。

全国に多くの不用品買取専門店やリサイクルショップが存在し、ネットからも簡単に申し込むことが可能です。

ブランドを中心に買取を行っている専門店もあれば、リサイクルショップのように多くの品目に対応したサービスもあります。

それぞれで、店頭買取、宅配買取、出張買取など、利用者の希望に合わせた買取方法を選択できる場合も多いです。

宅配買取の場合は、不用品の送付に必要なダンボールを自宅に送ってくれるサービスを行っている業者も多く、それに不用品を入れて送り返せば査定結果を待つだけになります。

出張買取の場合は、業者のスタッフが自宅を訪れ、処分したい不用品を鑑定してくれます。

宅配買取や出張買取は、店頭買取のように自分で運ぶ必要がないため、どのような人にも利用しやすくなっています。

リサイクルショップでは、大型家具のようなものでも買取可能なため、価値のありそうなものは試しに査定依頼すれば有益です。

-コラム

Copyright© 買取なんでもするする! , 2019 All Rights Reserved.